東京の歯科インプラント > 骨を増やすインプラント治療 > 骨移植(ボーングラフト)

骨移植(ボーングラフト)

骨移植(ボーングラフト)とは

ボーングラフト(骨移植)とは、何らかの理由で顎の骨が痩せてしまった場合に、顎の骨を作る方法の一つです。
顎の骨が薄く、インプラントを支えることができないと判断された場合に、自分自身の骨や、製品化された骨を移植して、骨の厚みを獲得します。移植する骨は、自分の骨を削りだす「自家骨」以外は製品化されたものを使用することになり、ヒト由来の骨「他家骨」、ハイドロキシアパタイトやβリン酸第三カルシウムなどの「人工材料」などがあります。移植する骨の中では、自家骨移植が最も再生率が高いと考えられております。

ページトップへ戻る

当クリニックの自家骨移植

従来の自家骨移植は、切り出す顎の骨にドリルでラインを切り込み、ノミと金づちで取り出す方法が用いられることが多く、大きな音や振動が伝わるため、治療を受ける患者様に大きな負担がかかっていました。当クリニックでは超音波医療機器ピエゾサージェリーを導入することにより、切削にかかる時間を短縮し、従来の音や振動を軽減できるため、従来の方法よりも患者様への負担を軽減することが可能となりました。

また、骨移植と併用して、CGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)を使用しています。
CGFは、再生医療機器メディフュージで血液を遠心分離することで作られ、血液中の凝固因子が刺激されフィブリンゲルとなったものです。これを骨移植の際に補填することで、骨の再生の促進を期待することができます。
当クリニックでは医科の診療も行っているため、施設内で採血しCGFを作ることが可能です。CGFを骨移植で使うことは、自分自身の血液のみで形成されるため安全性が高いことや、添加物を使用せず形成できるため感染のリスクを軽減することができます。

PRP再生療法 CGF再生療法(新PRP再生療法)

ページトップへ戻る

治療の流れ、治療期間

骨補填材を詰めて骨そ再生させる

痩せてしまい、インプラントを支えられない顎の骨に、自家骨(自分自身の顎の骨)や、製品化された骨を移植します。自家骨移植のなかには、自分の腰の骨を使う「腸骨移植」が行われることもありますが、当クリニックでは患者様の負担を考慮し、基本的には腸骨移植を行わない方針で進めております。
患者様の状態により個人差はありますが、概ね4~6ヶ月で骨が再生されます。

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門