東京の歯科インプラント > 医科歯科連携の骨再生療法

医科歯科連携の骨再生療法

PRP再生療法

PRP療法とは、採血した血液を遠心分離することで多血小板血漿(platelet rich plasma)を取り出して移植する方法で、傷の治りや骨の再生の促進を期待することができます。
PRP療法は、一般的に皮膚の再生治療で美容外科などでもよく取り入れられていますが、医科(内科・皮膚科)の治療実績も高い吉祥寺セントラルクリニックでは、歯科の分野でもその豊富な経験と実績を活用しております。

PRP再生療法の特徴

■患者様自身の血液から作られるため、拒絶反応を起こすことが少なく、骨の再生能力を期待することができます

PRP再生療法からCGF療法へ

PRP再生療法は、患者様から採血を行い、その血液を遠心分離器機かけて作り出しますが、作製する工程が複雑で時間がかかることや、作製のためにウシやヒトのトロンビン(たんぱく質分解酵素)や塩化カルシウム添加が必要ということなどのデメリットがありました。このデメリットをクリアしたものがCGF再生療法です。

CGF再生療法(新PRP再生療法)

新PRP再生療法であるCGF(Concentrated Growth Factor)再生療法は、作製のために添加剤を使用しませんので、感染の危険性が極めて低いというメリットがあります。また、自分自身の血液だけで作られますので、移植後に腫れや痛みがでることが少なく、身体に負担が少ない状態で傷の治りや骨の再生の促進を期待することができます。

CGF再生療法の特徴

■自分自身の血液のみで作られるため、感染の危険性が極めて低く、拒絶反応を起こす不安が無い
■作製したCGFはゲル状となり長時間維持できるため、操作性が高いことからインプラント治療・歯周組織再生治療などで応用されています

CGF再生療法の流れ

1.再生医療機器「メディフュージ」で患者様自身から採取した血液を遠心分離します。

メディフュージ

採血は、医科でおこないます。
作製に要する時間は、15分程度です。

2.血小板濃縮フィブリン液を抽出します。

血小板濃縮フィブリン液を抽出

抽出したフィブリン液は人工骨と混ぜたり、外科手術後にその部分を洗浄したりして使用します。こちらに関しても、自分自身の血液だけで作られたものですので、感染の危険性は極めて低いといえるでしょう。

3.血小板濃縮フィブリンゲルを取り出します。

血小板濃縮フィブリンゲルを取り出す

再生医療機器のメディフュージであれば、遠心分離しただけで、血小板濃縮フィブリンゲルを作ることができます。PRPとは異なり添加剤を使用しませんので、拒絶反応や感染への不安が少ない状態で治療を受けていただくことができます。

4.血小板濃縮フィブリンゲルを移植します。

骨を増やしたい部分に埋入

このフィブリンゲルを、骨に厚みを出したい部分に移植します。また、骨の厚みを作りたい時にメンブレンという人工膜をおいてスペースを確保し、歯周組織の修復を待つGBR法というものがありますが、このCGFを平たくつぶしてメンブレン代わりとして使用することもあります。

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門