東京の歯科インプラント > スピードインプラント治療 > テンポラリーインプラント

テンポラリーインプラント

テンポラリーインプラント併用で、「その日に噛める、見た目が回復する」インプラント治療

I-FIXテンポラリーインプラント

テンポラリーインプラントとは、治療期間中だけ使用できる一時的なもので、即時暫間インプラントまたはトランジショナルインプラントとも呼ばれます。
インプラントを埋め入れてもすぐに仮歯を連結できない場合があり、その際に埋め入れたインプラントの周囲にテンポラリーインプラントを埋め入れることで、仮歯をつけることが可能となります。インプラント治療で主に使われているものよりも直径が小さいため、長期間仮歯を支えることはできませんが数ヶ月程度なら問題なく使用できます。

テンポラリーインプラントは、見た目を保つだけではなく、噛むことや、噛み合わせのバランスを保つこともできます。
また、当クリニックには歯科技工士が駐在しているため、インプラント手術直後に仮歯を作ることが可能となります。通常のインプラントに加えて、このテンポラリーインプラント選択されると、治療期間中に歯が無い状態で過ごしてもらうことはなく、見た目などを保ちながら治療を受けていただけます。

テンポラリーインプラント治療の流れ

テンポラリーインプラント

初めに通常のインプラントを埋め入れ、続けてその周囲にテンポラリーインプラントを埋め入れます。


仮歯

埋め入れる手術後に歯型を取って、技工士が仮歯を作製します。
出来上がった仮歯を歯科医師がテンポラリーインプラントに連結させ、通常のインプラントが骨と結合するのを待ちます。

インプラントの埋め入れから仮歯の装着までが同日に行えますので、帰宅後には食事をとることができます。(手術の傷口が塞がっていないうちは、刺激を与えないもの(例、硬いもの、辛いものなど以外)を食べた方が傷の治りが早いでしょう。


セラミック歯

通常のインプラントの上に、仮歯やセラミックなどの人工歯を連結できる時期が来たら、テンポラリーインプラントは撤去します。
その後、セラミックの人工歯を作製し、仮歯と交換したら治療は完了です。

テンポラリーインプラントの利点と欠点

テンポラリーインプラントの利点

※インプラント手術後から食事がとれる歯が入ります。
インプラントを埋め入れた日に仮歯を付けることが可能となり、手術後からお食事ができる歯が入りますので、治療期間中に歯が無いことにより起こる“食べづらさ”を解消することができます。

※インプラント手術後から見た目を保つことができます。
インプラントを埋め入れた日に仮歯を付けることが可能となり、手術後から見た目を保つことができますので、治療期間中に見た目を気にすることなくお過ごしいただけます。

テンポラリーインプラントの欠点

※テンポラリーインプラントを撤去する手術を行います。
テンポラリーインプラントは治療期間中だけ使用できる一時的なものです。通常のインプラントの上にセラミックなどの人工歯を連結できる時期が来たら、テンポラリーインプラントを撤去する手術が必要となります。

※この治療では使用できるインプラントが限られます。
テンポラリーインプラントを使用する場合、通常のインプラントとして骨再生を誘導するインプラント(ハイドロキシアパタイトをコーティングしているインプラント)を用いた治療が必要であると考えております。それ以外のインプラントを選ばれた場合は、テンポラリーインプラントを併用した治療はお受けすることができません。

※通常のインプラント治療よりも治療費がかかります。
診断力と技量が必要とされる治療であり、埋め入れるインプラントにおいても、一般的なインプラントよりも高い骨再生を誘導するインプラント代と、テンポラリーインプラント代がかかりますので、費用が高くなります。

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門