東京の歯科インプラント > クリニックについて > インプラント治療の特徴

インプラント治療の特徴

欠損部の審美的・機能的改善

インプラント治療

左側の写真をご覧ください。どの歯にインプラントを入れて、人工歯が接続されているかおわかりになりますか?実は右側の写真の図のように、歯茎の中にインプラントが入っているのです。一見では、自分の歯との区別が付きにくいでしょう。インプラント治療の最大の特徴は、自分自身と歯と同じような見た目と機能(噛む力)を回復することができることにあります。

見た目が綺麗で自然な仕上がり

顎の骨の中にインプラントを埋め込み、歯茎から上の部分には自分の歯と同じような白い歯(セラミック)を接続します。自分の歯のような見た目ですので、他人から歯科治療を受けたことに気付かれることは少ないでしょう。
食事や会話を楽しめるだけでなく、美しい口元に手に入られることから、美意識の高い方々にもご好評をいただいております。

天然の歯に近い機能(噛み心地)

歯を失ってしまった部分に、チタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込みます。
適切な知識と技術をもって人工歯根を埋め入れる治療を行えば、インプラントと骨が強固に結合し、噛む力に耐えられるものとなります。

顎の骨や歯肉(歯茎)が痩せにくい

歯が抜けてしまうと顎の骨が痩せて(吸収されて)いき、入れ歯を使用するとさらにその傾向が強くなります。
インプラント治療を行うと、自分の歯があったときのように顎の骨に刺激が伝わりますので、顎の骨や歯茎が痩せることはほとんどなく、見た目の美しさを保つことが期待できます。

ページトップへ戻る

ブリッジ治療と比較した利点・欠点

ブリッジ治療との比較

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは、失った歯の隣にある”自分の歯”を削り、その歯を支えとして、つながった人工歯(ブリッジ)を被せる治療法です。ブリッジが固定されますので、治療後は自分の歯と同じように噛むことができますが、支えとなっている歯に大きく負担がかかり、歯が割れるリスクが高まります
また、支えとなる歯に人工歯を被せますので、その境目に歯の汚れが停滞しやすくなり、虫歯や歯周病になりやすいことや、支えとなる歯を必ず削らなければならないことなどのデメリットがあります。
※失った歯の本数によってはブリッジ治療が受けられないこともあります。その場合は、入れ歯治療やインプラント治療から選択することになります。

インプラント治療

インプラント治療は、失った歯の部分にインプラント(人工歯根)を外科手術で埋め入れて、自分の歯と同じような人工歯を接続する治療法です。治療後は、かつてあった自分の歯と同じような役割を果たしますので、インプラントで噛む力を負担することができ、周りの歯を削ることもないので、周りの歯を守るメリットがあります。
しかし、虫歯や、歯周病、怪我などで歯を失った場合のインプラント治療は、保険診療の対象外となりますので、費用負担が大きいというデメリットがあります。

ページトップへ戻る

入れ歯治療と比較した利点・欠点

入れ歯治療との比較

入れ歯治療

入れ歯治療は、他の歯を支えとする部分入れ歯や、歯茎を支えとする総入れ歯があり、自分自身で取り外すことができます。保険診療を選択した場合、費用を抑えることができますが、素材がプラスチックのため汚れや匂いがつきやすい、また、入れ歯がズレやすいなどの問題が起こりやすくなります。
そのほかにも、食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まって痛みがでやすいことや、食べ物を噛みきることが難しく胃腸に負担がかかるること、話しづらいことなどのデメリットがあります。

部分入れ歯

クラスプ(バネ)の付いた歯茎付きの人工歯を、残っている歯にひっかけて使用する方法です。バネをかける歯に大きな負担がかかりますので、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
また、バネが目立って見えることもあり、口元の見た目に影響するデメリットもあります。

総入れ歯

歯茎を支えとして、歯茎付きの人工歯を使用する方法です。総入れ歯はお口の中を覆う面積が大きくなりますので、食べ物が味わいにくい(味・冷たさ・温かさなどが伝わりにくい)問題が起こりやすくなります。
また、顎の骨が薄く、お口の中の筋力が低下している場合は、入れ歯がズレやすく、会話や食事中に外れやすくなることもあります。歯をすべて失っていますので、顎の骨は痩せやすく、定期的な入れ歯の作り変えが必要というデメリットがあります。

インプラント治療を併用した完全固定式の連結ブリッジ治療

AGCセラミック連結ブリッジ

4~6本のインプラントを埋め入れて、その歯を支えとして、つながった人工歯(ブリッジ)を被せる治療法です。固定式のものが入りますので、自分の歯のようにしっかり噛むことができ、入れ歯のことが気がかりで食事や会話が楽しめない不安から解放されます。

インプラント治療を併用した半固定式の入れ歯治療

磁性アタッチメント義歯・バーアタッチメント義歯

数本のインプラントを埋め入れて、それを支えとして、半固定式の総入れ歯を使用する方法です。半固定式ですので、入れ歯が会話や食事で外れることがなくなり、また、総入れ歯よりも人工歯の面積を小さくすることができますので、食べ物の味を楽しむことができます。

治療後は、ご自宅で適切なブラッシングを行うことと、歯科医院で定期的なお口の中のチェックを受けることが必要となりますが、顎の骨や歯茎が痩せて形態が変わってしまっても、総入れ歯のように噛む機能に問題がでることはほとんどありません。インプラント治療は入れ歯治療の欠点を大きく改善した優れた治療法ですが、虫歯や、歯周病、怪我などで歯を失った際は、保険診療の対象外となりますので、費用負担が大きいというデメリットがあります。

早期のインプラント治療をお勧めする理由

入れ歯の使用により、顎の骨と歯茎がやせてしまうことは前述のとおりです。
インプラント治療を受ける際、インプラントを支えられるだけの顎の骨の厚みが必要となります。もし、骨が薄ければ厚みを出す処置が必要となり、その範囲が大きくなればなるほど、患者様への体・時間・金銭への負担が大きくなることが考えられます。歯を失ってしまったら、早期にインプラント治療を受けることをお勧め致します。

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門